UNNA_01

2016/3/23

ぶらり海道を歩く 素顔の恩納村 特集

陶芸体験やキャラリーの他、併設された花村そばでは本格的な沖縄そばが堪能できる
うんな焼

うんな焼の主幹、新里弘明(しんざとひろあき)さんが作る器やシーサーは、自然の土の色を活かした素朴で優しい色合いが特徴だ。地元のマンガンで色を出しているものも数多くあるという。普段使いしやすい形の器から、凛とした表情に引き込まれてしまいそうな存在感のある伝統的なシーサーや龍も多く制作する。

体験で作ることができるシーサーは、作る人によって個性が生まれる。見る人まで笑顔になってしまう表情のシーサーたちだ。

体験で作ることができるシーサーは、作る人によって個性が生まれる。見る人まで笑顔になってしまう表情のシーサーたちだ。

黄色い看板とたくさんのシーサーたちが目印。

黄色い看板とたくさんのシーサーたちが目印。

ギャラリースペースにて器の販売、手作り体験ができる。

ギャラリースペースにて器の販売、手作り体験ができる。


陶芸歴28年の新里弘明さん、工房にて制作中。

陶芸歴28年の新里弘明さん、工房にて制作中。


工房に併設された沖縄そば屋の花村そば。新里さんが作った器で料理がいただける。

工房に併設された沖縄そば屋の花村そば。新里さんが作った器で料理がいただける。

人気のシーサー作り体験は、あらかじめ作られた土台を元に、見本を目の前に置き丁寧にアドバイスをしてもらいながら制作できるので初めての方でもしっかり形になる。また、併設された花村そばでは新里さんが作った器で沖縄そばを堪能できるのもうれしい。5時間以上かけて煮込んでいるという濁りのないうま味たっぷりのあっさりスープと、素朴な色合いの器が絶妙に合う。



うんな焼
住/沖縄県恩納村字瀬良垣1063-1
TEL/098-966-2099
営/11:00〜17:00
休/水曜
P/あり

オフィシャルサイト

沖縄県恩納村字瀬良垣1063-1


(投稿者:Uchina編集部)

SNSでこの記事をみんなに伝えよう!

LINEで送る
Pocket