NAKAYUKUI_05

2016/3/15

ぶらり海道を歩く 素顔の恩納村 特集

新鮮野菜、果物、お土産、そして地元グルメも味わえる、立ち寄らずにはいられない人気スポット!
おんなの駅「なかゆくい市場」

海と空が広がる海岸沿い、仲泊の入り江にある赤瓦屋根が目印のおんなの駅「なかゆくい市場」。店内には、恩納村を中心に地元産の新鮮野菜や果物がズラリ。常に観光客や地元客でにぎわっている。

地色鮮やかな赤瓦の屋根が眩しく、沖縄らしい外観の施設だ。

色鮮やかな赤瓦の屋根が眩しく、沖縄らしい外観の施設だ。

地元の特産品を使った人気の手作りジャム。砂糖の量を少なめに、自然の甘みを活かしている。(1個500円~)

地元の特産品を使った人気の手作りジャム。砂糖の量を少なめに、自然の甘みを活かしている。(1個500円~)

旅行途中の観光客から飲食店を営む地元客まで幅広い客層で常に賑わいを見せる。

旅行途中の観光客から飲食店を営む地元客まで幅広い客層で常に賑わいを見せる。


所狭しと並ぶ恩納村の特産品の数々。

所狭しと並ぶ恩納村の特産品の数々。


県産食材を使用した商品開発を模索中と話す、前泊彰さんと知佳さん。

「もっともっと元気なお店にしていきたい」と話すのは農産物担当の山城賢(やましろけんじ)治さん(右)とレジ担当の比嘉真(ひがしん)さん。(左)

南国ならではの甘みと濃厚な味わいが楽しめるアテモヤとパッションフルーツは村内での栽培が盛んで出荷量も多い。ほかにもハンダマや島ニンジン、島ラッキョウなど、旬の島野菜を求めて那覇や浦添など遠方から来るお客さんも多いとか。敷地内にはサーターアンダギー、ぜんざい、かまぼこ、天ぷらなど、思わずつまみたくなる沖縄フードが味わえる店も並び、ドライブ途中でのなかゆくい(一休み)にピッタリのスポットだ。



おんなの駅「なかゆくい市場」
住/沖縄県恩納村字仲泊1656-9
TEL/098-964-1188
営/10:00〜19:00
P/133台
休/無休
オフィシャルサイト
沖縄県恩納村字仲泊1656-9


(投稿者:Uchina編集部)

SNSでこの記事をみんなに伝えよう!

LINEで送る
Pocket