FUKUZUSHI_01

2016/3/7

ぶらり海道を歩く 素顔の恩納村 特集

地元に愛され続けて37年。変わらぬ味を求めて人々が集う寿司屋
福寿し


恩納村名嘉真の海を臨む58号線沿いに建ち、色鮮やかなのれんとちょうちんが目を引くのは、創業37年目の寿司屋「福寿し」。2代目の福地康太さんが毎日セリに出向き仕入れる、近海の新鮮な海の幸が味わえる店だ。マグロ、タマン、イラブチャーと、沖縄ならではの魚を使った看板メニューの「にぎり上」は、このボリュームで1,000円!沖縄の魚のおいしさをたくさんの人に知ってほしい、入りやすい寿司屋にしたいと、長い間変わらぬ価格設定で、料理を提供し続けている。

近海で獲れた魚中心のにぎりは、ネタが厚切りでとにかく新鮮。口いっぱいに頬張ろう!

近海で獲れた魚中心のにぎりは、ネタが厚切りでとにかく新鮮。口いっぱいに頬張ろう!

色鮮やかなのれんとちょうちん、大将と女将の人柄でやって来るリピーターが多い。

色鮮やかなのれんとちょうちん、大将と女将の人柄でやって来るリピーターが多い。

鹿児島県より南の海に生息する夜光貝。取材当日の朝、セリで仕入れたという直径20センチメートルの大物。

鹿児島県より南の海に生息する夜光貝。取材当日の朝、セリで仕入れたという直径20センチメートルの大物。


自慢の寿司をはじめ、近海魚の刺身やバター焼きなどバラエティー豊かなメニュー。

自慢の寿司をはじめ、近海魚の刺身やバター焼きなどバラエティー豊かなメニュー。


父親に弟子入りし腕を磨いた2代目の福地康太さん。明るく気さくな接客に努めている。

父親に弟子入りし腕を磨いた2代目の福地康太さん。明るく気さくな接客に努めている。

寿司や魚のおいしさもさることながら、康太さんと千津子さんの温もり溢れる人柄に触れ、リピーターになる観光客が多いことにも納得。料理と会話を楽しみに、ぜひのれんをくぐってほしい。いつまでも変わらぬ沖縄の味が待っている店だ。



福寿し
住/沖縄県恩納村字名嘉真2212-1
TEL/098-967-8868
営/17:00〜23:00(L.O.22:30)
  ランチ 12:00〜14:30(ネタ切れ次第終了)
休/不定休
P/20台

沖縄県恩納村字名嘉真2212-1


(投稿者:Uchina編集部)

SNSでこの記事をみんなに伝えよう!

LINEで送る
Pocket