CYUKI_01

2016/3/16

ぶらり海道を歩く 素顔の恩納村 特集

思い出の草花や昆虫などをガラスに閉じ込めて器や小物にしよう
Glass Worksちゅき

「昔、新婚旅行で拾って大事に取っておいたイチョウの葉などをガラスに閉じ込めてほしいとオーダーしてくる方もいます」と代表で制作者の吉田栄美子(よしだえみこ)さんは話す。そういった大切な思い出などをガラスと共につづるという意味を込めて「つづるガラスアート」というブランド名をつけたそうだ。

植物や昆虫などの種類や厚みなどでガラスの色味や表情が変わるという。

植物や昆虫などの種類や厚みなどでガラスの色味や表情が変わるという。

光差し込む明るい店内はアトリエとガラス体験ができる工房スペースがある。

光差し込む明るい店内はアトリエとガラス体験ができる工房スペースがある。

昆虫をはじめ植物などを、ガラスに閉じ込める作品は他では見ることができない不思議な感覚。

昆虫をはじめ植物などを、ガラスに閉じ込める作品は他では見ることができない不思議な感覚。


改良した釉薬を植物に散布して焼き上げたガラスは、葉っぱや茎が美しく残る。

改良した釉薬を植物に散布して焼き上げたガラスは、葉っぱや茎が美しく残る。


代表の吉田さん。ガラス職人になりたいという強者を募集中!

代表の吉田さん。ガラス職人になりたいという強者を募集中!

また1番の人気は「沖縄ガラス星砂体験」。大切な方との思い出と一緒に星砂をガラスに閉じ込めるガラス作り体験は、大きさ、色、ガラスの素材などすべて自由にデザインし2時間かけてじっくり作ることができる、1日4組限定の人気体験だ。沖縄の星砂と手作りの温もりがガラスにつまったオリジナルのアイテムは世界に1つの宝物になるはずだ。



Glass Works ちゅき
住/沖縄県恩納村字山田363-1
TEL/098-989-0233
営/9:00〜11:00
  14:00〜16:00
休/木・日曜
P/あり
オフィシャルサイト
沖縄県恩納村字山田363-1


(投稿者:Uchina編集部)

SNSでこの記事をみんなに伝えよう!

LINEで送る
Pocket