heki_02

2015/12/16

ステーキ特集 特集

目の前の鉄板で焼かれる県産牛ステーキコース
鉄板焼ステーキレストラン 碧 東町本店

席につくと目の前の大きな鉄板で、ステーキや野菜が次々と焼かれていく。その軽やかな手さばきに見とれながらシェフと会話を楽しみ、ジュ~という音と香ばしいにおいに五感を刺激される。「碧」は味はもちろん、口に運ぶまでの間も楽しいと評判のレストラン。

メニューは昼も夜も10品のコースのみ。メインのステーキは主に県産の和牛で、もも、サーロイン、ヒレなどさまざまな部位がある。美しいサシが入った霜降りの肉は、脂に甘みがあり、とろけるような味わい。野菜はできるだけ県産のもの。島豆腐や中身汁のお吸い物など、沖縄ならではの食材やメニューも大切にしている。さらにご飯は、来店後に炊き始めるという徹底ぶり。すべて一番おいしい状態で提供したいという心意気が伝わるサービスだ。それもそのはず、創業以来、シェフや接客係、厨房担当まで女性スタッフのみ。きめ細やかな心遣いも、和やかな雰囲気もこの店の大きな魅力になっている。

広々とした店内にはベビースペースのある個室も。

広々とした店内にはベビースペースのある個室も。


先付けからデザートまでつく、極上黒毛和牛サーロインステーキコース(9,504円)。

先付けからデザートまでつく、極上黒毛和牛サーロインステーキコース(9,504円)。


食べるペースをみながら、絶妙のタイミングで料理を出してくれる。1組のお客さんに1人のシェフがつく。

食べるペースをみながら、絶妙のタイミングで料理を出してくれる。1組のお客さんに1人のシェフがつく。

はゴーヤチャンプルー、冬はにんじんシリシリなど旬の野菜によってメニューが変わる。

はゴーヤチャンプルー、冬はにんじんシリシリなど旬の野菜によってメニューが変わる。





碧の肉がうまいわけ


肉は沖縄県産の黒毛和牛。部位によって切り方を変えるなど、おいしさをとことん追求している

肉は沖縄県産の黒毛和牛。部位によって切り方を変えるなど、おいしさをとことん追求している

ソースは自家製。ポン酢も、野菜やフルーツが材料の甘めのステーキソースもすべて厨房で作られる

ソースは自家製。ポン酢も、野菜やフルーツが材料の甘めのステーキソースもすべて厨房で作られる

おすすめの焼き加減はミディアムレア。外側にしっかり焼き色をつけて肉汁と旨味を閉じこめる

おすすめの焼き加減はミディアムレア。外側にしっかり焼き色をつけて肉汁と旨味を閉じこめる




鉄板焼ステーキレストラン 碧 東町本店
住/那覇市東町19‐25
TEL/098‐917‐3205
営/11:30~15:00(L.O.)
  17:00~21:00(L.O.)
休/無
オフィシャルサイト

那覇市東町19‐25


(投稿者:Uchina編集部)

SNSでこの記事をみんなに伝えよう!

LINEで送る
Pocket